2021年9月14日火曜日

◆ローズステークス三連複4点の勧め

ここからは週に1回の収支報告。G1で圧倒的な結果残し、皆様の期待を背負って迎えた夏競馬。波乱が多い夏競馬は一発の威力は大きいですが毎回4点で的中させるのは流石に困難。

だからこそ1ケ月ではなく、2カ月単位で会員様を募集した経緯もあります。たかが1ケ月で「トレセン馬券術」の優劣を判断してほしくはないですから。

秋のG1シーズンも夏競馬、春G1同様の結果が得られてくると思います。皆さん勘違いしている方が多いですが、馬券で負ける人がいるからこそ、勝てる私達が存在します。的中、儲けのヒントは情報戦が全てです。

今月はもう9月です。夏競馬よりも自信のある、秋G1含む秋競馬も今から非常に楽しみですよね。ちなみにレパードステークス万馬券を除いた回収率も350%程度で推移しており、春のG1実績と遜色ない結果を示しております。

 7,8月 日曜重賞

投資金額

払戻

累計収支

CBC賞

4万円

0円

-4万円

ラジオNIKKEI

4万円

0円

-8万円

プロキオンS

4万円

0円

-12万円

七夕賞

4万円

0円

-16万円

函館記念

4万円

0円

-20万円

中京記念

4万円

50万2千円

+26万2千円

アイビスSD

4万円

0円

+22万2千円

クイーンステークス

4万円

39万1千円

+57万3千円

エルムステークス

4万円 

0円

+53万3千円 

レパードステークス

4万円 

 160万4千円

+ 209万7千円

小倉記念

4万円 

0円 

+205万7千円 

関屋記念

4万円 

46万円 

+247万7千円 

札幌記念

 4万円

 30万2千円

+273万9千円 

北九州記念

4万円 

0円 

+269万9千円 

新潟2歳S

 4万円

 34万円

+299万9千円 

キーンランドカップ

 4万円

 0円

+295万9千円 

現在16戦6的中 

投資64万円

回収359万9千円

回収率562%



 9.10月 日曜重賞

投資金額

払戻

累計収支

新潟記念

4万円

0円

-4万円

小倉2歳S

4万円

84万5千円

+76万5千円

京成杯AH

4万円0円
+72万5千円

セントウルS


4万円

17万9千円

+86万4千円

ローズステークス

セントライト記念

オールカマー

神戸新聞杯

スプリンターズS

 

毎日王冠

 

京都新聞杯

秋華賞

菊花賞

 

 

天皇賞秋

 

 

現在4戦2的中 

投資16万円

回収102万4千円

回収率640%




今週日曜重賞からマイルチャンピオンシップまでの日曜15重賞へ御参加希望の方は、土曜重賞の阪神ジャンプステークス無料提供が決定。配信設定の兼ね合いもありますので、金曜24時までに御入金完了下さい。


春G1公開から現在まで32レースの公開(配信含む)にて的中は12個。配当的にはレパードステークスの160倍という万馬券を除けば、18倍~90倍という現実的な配当。

夏競馬はもう少し的中が減り、逆に万馬券が増えると見栄を張っていましたが、思惑どうりにいかないのも競馬の面白さ。

過去傾向から馬券構成し無駄な馬を篩にかけ、5頭に絞り三連複4点に落とし込むという究極に研ぎ澄まされた馬券で、馬券購入者同士の金の奪い合いを一緒に制しましょう。



沈没船にいつまで乗っていますか?
いや、その船が沈没船だと早く気が付いてください。


損切は勇気が必要な決断ですが、投資の世界では想定と違った方向に揺れた場合に、すぐに損切りして新たなポジションを取れる人が勝つ世界です。

いつまでも沈没船に乗っていては≪機会損失≫という勝てる船に乗るチャンスを逃してしまいますから。


※セントライト記念A・B候補馬の情報を公開
 



◆今週御入会で阪神ジャンプステークスは
土曜重賞ですがサービス配信になります

(マイルCSまでの日曜15重賞で4万円)


=今後の日曜重賞ロードマップ=
09/19(日) ローズステークス
09/20(月) セントライト記念
09/26(日) オールカマー
09/26(日) 神戸新聞杯
10/03(日) スプリンターズステークス
10/10(日) 毎日王冠
10/10(日) 京都大賞典
10/17(日) 秋華賞
10/24(日) 菊花賞
10/31(日) 天皇賞(秋)
11/07(日) アルゼンチン共和国杯
11/07(日) みやこステークス
11/14(日) エリザベス女王杯
11/14(日) 福島記念
11/21(日) マイルチャンピオンシップ





【三連複4点の図式】

    /D(理論穴馬)過去のデータ傾向
 /BーE(調教穴馬)トレセン調教情報
A  
 \CーD(理論穴馬)過去のデータや傾向
    \E(調教穴馬)トレセン調教情報




Aに該当する馬は絶対軸。
ここは妙味などは求めず確実に馬券に絡む馬を選定するのが肝。(主に1・2・3人気の中から選択)


Bに該当するのはAの次に3着以内が期待できる馬。
(主に1・2・3・4人気の中から選択)


Cに該当するのは妙味馬。
内部情報(インサイダー情報)も考慮して妙味を追求(主に・4・5・6・7人気の中から選択)


Dに該当するのが過去データから買える理論穴馬。
競馬はいくつもの蓄積データが存在し、枠、騎手、血統、ローテなどを客観的に精査し導き出された穴馬(必ず5人気以下)


Eに該当するのが調教指数の高い穴馬。

全ての事象を覆す、出来の良い穴馬の激走は何度も繰り返される事実であり真実。そこを狙い撃つ穴馬(必ず5人気以下)