2021年9月16日木曜日

◆ローズステークス 調教ジャッジ

下半期重賞も調教穴馬(トレセン情報)は安定の結果。ハッキリ言わせてもらえば、1頭推奨の調教穴馬だけでも十分にお金を頂けるコンテンツ。特に下半期20重賞では、ほぼ6番人気以下の馬を1頭推奨で好走率50%を記録。


今後も大きな結果が期待できると思うので、木曜、金曜の調教ジャッジ含め、馬券構成で導き出された最終判断の1頭推奨に好走に期待して欲しい。


◆下半期重賞の調教穴馬1頭推奨(20戦10好走)
CBC賞  6人気3着アウィルアウェイ
プロキオン 9人気1着メイショウカズサ
中京記念  6人気2着カテドラル
函館記念 14人気2着アイスバブル
レパード 10人気2着スウィープザボード
小倉記念  6人気1着モズナガレボシ
キーンラン 9人気3着セイウンコウセイ
新潟2歳S 3人気1着セリフォス
小倉2歳S 8人気3着アネゴハダ
セントウル 4人気3着クリノガウディー

◆春のG1の調教穴馬1頭推奨(12戦3好走)
安田記念  8人気1着ダノンキングリー
桜花賞   8人気3着ファインルージュ
フェブラリー8人気2着エアスピネル




今週の栗東トレセンは週明けから日差しが少なく、火曜には弱い雨。翌水曜にも乾き切らず、CW、坂路は稍重のコンディションで追い切りが行われた。

まずはローズS。春の実績馬VS夏の上がり馬という構図だが、この時期の3歳牝馬は短い期間で大きく変貌する馬も少なくないだけに、中間気配にはより注意深い考察が必要。


オークス出走の●●●●●●が見逃せない。夏は宇治田原優駿ステーブルでじっくりとオーバーホール。疲れをとってリフレッシュに成功。8月後半に帰厩させ、坂路とCWを併用して入念に乗り込んで臨戦態勢に隙はない。

先週、今週と主戦騎手が手綱をとり、CWで長めから負荷。今週は終いまで一杯に追って82.9-66.9-52.0-38.4-12.2秒をマーク。時計そのものより、鞍上との折り合いがスムーズだった点に精神面の成長と休養効果を強く感じさせた。


春は馬体維持に苦労した面もあっただけに、ひと夏越して肉体面がどれくらい成長できたかが大きなカギの●●●●●●●。厩舎サイドによれば「1週前時点で440キロくらいあるし、休養効果でイイ体付きになった」とのことで、それを裏付けるかのように帰厩後の動きにも逞しさが感じられる。

8月後半から坂路で入念に乗り込み、1週前には自己ベストの50.6秒を悠々とマーク。今週も終い重点ながら、ラスト2Fは12.3-12.0秒と加速ラップでフィニッシュ。

桜花賞2着のサトノレイナスが戦線を離脱し、秋華賞は二冠制覇を目指すソダシを巡る争い。先週の紫苑Sでは、ファインルージュが桜花賞3着馬の貫禄を示す勝ちっぷり。今週は西からこの馬が「二冠阻止!」の狼煙を上げる番だろう。


最後に未勝利、1勝クラスを連勝中の●●●●●●。今週は新たにコンビを組む騎手を背にしての半マイル、終い重点追いだったが、休み明けを感じさせない好反応。

四肢の伸びが良く、鞍上のGOサインに即座に呼応し、僚馬をアッサリ突き放した。格は下でも勢いと伸びシロの大きさは魅力十分で、本番優先権ゲットのシーンも想定すべき。


伏字●●●を順番に公開します
 



◆バイアス読み後の日曜勝負に同意できる方はお早めに
(今週御入会で土曜重賞の阪神ジャンプSは無料提供)
※日曜15重賞保障で4万円になります。


下半期重賞累計収支
20戦8的中
下半期累計投資金額 800000円
下半期累計払戻金額4603400円


=1億円への日曜重賞ロードマップ=
09/19(日) ローズステークス
09/20(月) セントライト記念
09/26(日) オールカマー
09/26(日) 神戸新聞杯
10/03(日) スプリンターズステークス
10/10(日) 毎日王冠
10/10(日) 京都大賞典
10/17(日) 秋華賞
10/24(日) 菊花賞
10/31(日) 天皇賞(秋)
11/07(日) アルゼンチン共和国杯
11/07(日) みやこステークス
11/14(日) エリザベス女王杯
11/14(日) 福島記念
11/21(日) マイルチャンピオンシップ
※赤表示はG1です